加茂市のモニターツアーへ参加しました

2020.12.07 スタッフブログ

11月29日(日)に開催された、加茂市のモニターツアーに参加しました。
「いざ、地域の謎に迫る! ”小京都・加茂市”ってどんな街・・・?」という
タイトルで、県外在住経験者、市街在住の皆様を招いて街を巡りました。

市役所に集合し、まずは「大湊文吉商店さん」にお伺いしました。
加茂伝統の屏風や建具を作られています。

今や屏風を一貫生産で作られているところは、日本中で大湊文吉商店さんと
もう一社加茂にあるだけだそうで、びっくりです。

見学だけでなく、組子体験をさせて頂きました。
手先が心配でしたが、うまく作ることができました!

次に伺ったのは、「加茂紙漉場」です。
昔は、加茂の七谷地区が日本でも有数の和紙の産地だったそうです。
紙づくりは、農閑期の大きな収入源ということで、平安時代から
脈々と受け継がれてきたのですが、和紙の需要の低下と職人の
高年齢化により減少し、もう職人がほぼ残っていない状況です。
なんとか、文化を次の世代へ繋げていこうという願いから
運営されています。

楮(こうぞ)の収穫から紙漉きまですべて一人でされています。
とっても大変!

こんなに大きなサイズを一人で漉くのは、加茂くらいとのことです。
他の産地では、2人がペアになって行うようです。

お昼は、加茂で一番の老舗料亭「山重本店」にお伺いし、お昼ご飯。
季節を感じながらめもちゃくちゃ美味しい!
創業は、天保年間でもう180年の歴史があるとっても素敵なお店。
皇室の皆様も来られる由緒あるところです。
食べ物の写真しか挙げていなくて・・・すみません。

食後の一番は、726年創建の大きな神社、「青海神社」にお伺いし
宮司からお話を頂きました。
今回のツアーに参加されていた学生さんたち若い方には、少し
退屈だったようですが、本殿の中には、文化財もたくさんあり、
再発見でした。

次に、ボーダーニットを中心にブランディングされている
「GFGS」さん、「AMEYA AISU」さんにお伺いしました。

あずきアイスを頂きましたが、とっても美味しかったです。
バーカウンターもあり、昼飲みもOKとのことでした(笑)

この後、土産物センターにお伺いし、お買い物。
最後は、「YAMACAFE」で振り返りミーティングを行いました。

私も加茂在住でありながら、加茂以外で長く住んでいた人という
ポジションで参加しました。これから加茂市の観光をどんどん
よくしていこうという願いから今回のツアーが企画されました。

加茂は、とってもいい街ですが、なかなか認知がない、というか
今までアピールをして来ていませんでした。

たくさんの方が、「来てみたい」と思っていただけるような
街になるよう私もお手伝いをしていきたいと思いました。

峯松

PAGE TOP